FAQs - Q4.羽アリと言うのが、家に飛んで入ってきて家を食べるというのは本当ですか?

シロアリは一年のほぼ決まった時期に、巣から大量の羽アリが、新しい巣の設営を目指して飛び出します。これらが生き残って新たな巣の設営に成功するには一定の条件が必要です。森や公園の枯れ木に生息できても、通常の家屋に住み着くのは極めて難しいと考えられています。「家を食う」シロアリの羽アリは、一時に大量に飛び出すので、お住まいの方にとっては、見かけると心配ですが、家をかじる(餌を集める)のは働きアリ(職蟻(しょくぎ))の仕事です。もし窓から羽アリが飛んで入っても、少量の羽アリが被害を出すことはまずありません。生き残り、新たな巣の設営に成功する確率が極めて低いので、だからこそ大量に羽アリが飛び出す、と考えられます。しかしながら、羽アリ自体の危険度は低いものの、家の中や近くで羽アリの群飛が見られたら、近くにシロアリの巣があると言うことなので、注意や点検は必要です。