水漏れ復旧工事・予防工事ーよくある相談

お客さまのお宅の水道メータで簡単に調べることができます。
水道を使用していない状態で、水道メータのパイロットが回転していれば、水道メータから蛇口までのどこかで漏水している疑いがあります。

大抵の場合、漏水によって多く請求された水道料金分は免除になります。
詳しくは水道局にお問い合わせください。※地域によって異なります。
敷地内の給水・排水管はすべてお客様の所有物であり、水道局は管理していません。
敷地内で起きたトラブルは、お客様の責任で修理していただくことになります。
水栓の水漏れの原因のほとんどがパッキンの劣化によるものです。パッキンを交換すれば修理できます。

テッシュペーパーや生理用品など、トイレットペーパー以外のものは水に溶けにくいため、便器内部で詰まってしまったり、排水管で詰まってしまう原因となります。まずは、ラバーカップ(先端に半球のゴムがついたもの)を使用してみてください。
『ラバーカップの正しい使い方』
便器の排水口にラバーカップを密着させ、静かに押し付け、勢いよく引きます。排水が引き込まれるまでこれを繰り返します。
※それでも直らない場合は、お問い合わせください。

水漏れかもしれません。
まずは、どのように使用しているときに一番水が出てくるか調べてください。
水を使っていないのに漏れている場合は「給水」で、食器をたくさん洗ったときなどに漏れてくる場合は「排水」で水漏れがしている可能性があります。

油やゴミを流さないのは当然ですが、微量なゴミが付着したり、バクテリアが発生したりするとつまりの原因になることがあります。
また、排水管の配管条件が悪い(例えば、急な曲がりが連続していたり、勾配が悪いなど)ために汚れが溜まりやすくなっている場合があります。
配管内部の洗浄もおすすめです。